バネリストのひとりごと MADE IN 超JAPAN.

Amplitude

d0214535_829235.jpg  節電対策目白押しの富士発条です。そりゃデマンドを監視する前は109kwでしたから、現在それを57kw以内に抑えようとする試みは並大抵ではありません。

なんと48%減ですよ!なんのスイッチを入れようと声かけ確認を怠ると、一瞬で水の泡になっちゃうんですから、関西電力恐ろしきです!

  この7月上旬で現場内平均気温34℃を朝から記録しています。耐えれるか耐えれないかは湿度に依存しています。10%湿度が下がるだけで全然体感温度が違います。と言いましてもエアコンで除湿などしてしまっては、節電に繋がりません。


d0214535_8291660.jpg  ここで体感温度を気分的に下げるために、若い社員さんが提案してくれました 人口密度は体感温度上昇のもと、画像を見ただけでも解るとおり、この二つの画像が一箇所にあったわけです。機械配置を出来るだけ広く間隔を取り、風の流れを感じれるようにします。こうしただけでも「涼しそう」ですよね。
若さの提案は素晴らしくなるべく取り入れようと、肝に命じています。

  なるべく一日中稼動し続ける機械は、密集地帯より離すような提案もありました。いかにエアコンを極限まで使わずにいくかの戦いなのです。

  現在最終的に落ち着いているセット状況は現場の小電気炉2台、エアコン1台、研磨課エアコン1台、大型研磨1台、中型研磨1台、2階試作課+商品管理課のエアコン1台。これでいっぱいいっぱいですね。
[PR]

by banelist | 2012-07-10 08:29 | 節電
<< 天上で稼ぐ えんがちょ、切った!「悪縁を絶った」 >>