バネリストのひとりごと MADE IN 超JAPAN.

カテゴリ:節電( 7 )


愉快欣快

d0214535_14533847.jpg
  デマンド監視装置がリニューアルしましたですよ。どこがって?自作の木製台から、高級鉄板打ち抜き塗装済みスタンドです。いや何ともスマートでCOOL!関西電気保安協会さんステッカーまで貼ってますで、取り付けると若干上を向く角度がつけられます。机の上に置いたならば、とても見やすいいい感じです。ここで問題が・・・ネットワークカメラとの角度を忘れていました。カメラはかなり下から写すようなスタンド構造になっているので、パソコンに写ったカメラ画像が上が小さく下が大きくなって、デマンド数値の確認には支障はないのですが、なんともwebデザイン的におかしくなってしまいました。さぁどうしようかですよね。
d0214535_14535661.jpg
  結果スタンドを逆向きに取り付けましたです。(●^o^●)しかしデマンド装置が寂しく下を向いてしまいました。でもしっかりカメラ目線ですよ。パソコンの画面を見てください。これまで表示されてなかった、上下左右の情報が全部奇麗に映し出されました。左上の関西電気保安協会さんのお名前まで全世界発信です。この画面は日本語表示ですが世界を相手に英語表示と交互に切り替わる設定などいかがでしょうか?どこでだれが見てるか分からない世の中ですからね。スタンドを反対向きに取り付けちゃったので保安協会さんの文字が見えません。またステッカーくださいね。
[PR]

by banelist | 2012-09-25 14:54 | 節電

連綿接続記録

d0214535_10583574.jpg
 今までの最高記録が出ました。って何のことかお解りづらいと思います。ユーストリームの接続時間なんです。12日間弱世界に向けて連続放送したことになります。この動画は社内デマンド監視装置(関西電気保安協会様提供)をネットワークカメラで撮影し社内のパソコンにより社員一人一人が確認できることはもとより、富士発条の節電内容をあますところなく世界に向けて発信アピールしているものです。その発信手段としてありがたいユーストリームさんを使わせてもらっているわけです。この方法をうまく使えば機械の夜間稼働状況を帰宅後自宅のPCで見ることが出来、これが実は安心なのかストレスなのかは読者様の御想像にお任せします。で、普通はユーストリームさんは悪くないと信じていますが、社内ネットワーク状況やインターネット環境、あるいは昨今の強烈な悪天候(雷による一瞬の停電)により発信が途絶えてしまうのです。今までは100時間くらいが最高でした。しかし今回は282時間と物凄いと思います。全てのこの発信に関わる機材が12日間トラブル無しで動いたのです。素人レベルではビックリですね。プロレベルでは有り得ないことでしょうけど・・・未だにこの記録はまだ更新されていません。今朝も出勤したらパソコンがいつの間にか再起動してました。こんなことでどうってことないストリーミング映像ですが、関わっている私にとっては嬉しいやら発見やら非常に楽しいものなのです。まだまだいろんなことに使っていきたいこのシステム。もちろん防犯にも使えますし考えていたらキリがありません。読者のみなさんに少しでも何らかのヒントになれば幸いでございます。これからも富士発条デマンドを宜しくお願いいたします。
[PR]

by banelist | 2012-09-19 10:58 | 節電

天上で稼ぐ

 d0214535_13341995.jpgd0214535_13343163.jpg
● お客様に奨めまくっている当社の数ある節電グッズの一つ、遮光ネットシステムです。
この施工を行うだけで約20%も電気代を節約できるというものです。しかも対候年月も10年とらくらく元も取れてしまいます。で、なかなかお客さんに売るばかりで、肝心の当社自身の施工が遅れておりました。やっと胸を張って“いい物”の説明ができます。
予め寸法などを測ってもらっているので、その場で切ったりとかはありません。日曜大工までも行かない軽作業(差し込んでネジを締めるだけ)で、夢の節電が実現します。後は危険個所の設置には十分気を付けてくださいね。

  しかし、この無駄に駄打っ広い屋上を何か有効利用できませんかねぇ。一番したいのは空中庭園ですね。緑いっぱいで建屋内も涼しくなるし。それかいっそのこと3階建てにする。あと絶対に出てくるのがビアガーデン!これは夏しか利用できませんよね。(笑)

 d0214535_13344761.jpgd0214535_13345679.jpg
● 届いた品物を丁寧に袋から取り出し数量を確認します。まずは外枠作りから始めます。基本はパイプを継手に差し込んではネジを締める方法で組み立てていきます。お安く設置したい場合には、継手に接着剤にて固定する方法もありますが、これは後で分解できないリスクがあります。というわけで余程のことがない限りここまで10分もあれば出来るでしょう。

d0214535_1335646.jpg d0214535_13351957.jpg
● ひっくり返して足の取付です。この足がぐらつきを無くし、水平を保持する調整が出来るようになっています。室外機の斜めファン部分のパイプも取り付けていきます。この斜めのパイプが全体の強度に大きく貢献することは、すぐお分かりいただけることと思います。

d0214535_13353250.jpg d0214535_13354110.jpg
● ここまで出来たら室外機に被せます。かなり大きめに囲っていますが、この隙間が節電につながるノウハウなのです。ただ囲うだけであれば誰でも簡単に出来るでしょう。人工リーフも取付準備に入ります。リーフの裏には5cm角くらいの網になっていて、いろんなところに固定できるようになっています。そこに当社製引っ張りバネが、パイプとリーフをいい塩梅で引っ張り、また取り外しも楽に出来るようになりました。

d0214535_13355274.jpg d0214535_1336579.jpg
● リーフを取付終わってこのままでは、システム全体が風などに飛ばされる危険性があるので、室外機下部としっかり固定します。(左画像)これだけでもかなり涼しそうで節電に貢献しそうですが、最後にこのシステムの要となる遮熱シートを取付ます。このシートが節電の全てと言っても過言ではないくらい、優れものとなっています。室外機側はカーボン、外側はアルミが使われています。また遮熱シートもパイプと固定しているのは、当社ステンレス製引っ張りバネです。
[PR]

by banelist | 2012-07-17 13:44 | 節電

Amplitude

d0214535_829235.jpg  節電対策目白押しの富士発条です。そりゃデマンドを監視する前は109kwでしたから、現在それを57kw以内に抑えようとする試みは並大抵ではありません。

なんと48%減ですよ!なんのスイッチを入れようと声かけ確認を怠ると、一瞬で水の泡になっちゃうんですから、関西電力恐ろしきです!

  この7月上旬で現場内平均気温34℃を朝から記録しています。耐えれるか耐えれないかは湿度に依存しています。10%湿度が下がるだけで全然体感温度が違います。と言いましてもエアコンで除湿などしてしまっては、節電に繋がりません。


d0214535_8291660.jpg  ここで体感温度を気分的に下げるために、若い社員さんが提案してくれました 人口密度は体感温度上昇のもと、画像を見ただけでも解るとおり、この二つの画像が一箇所にあったわけです。機械配置を出来るだけ広く間隔を取り、風の流れを感じれるようにします。こうしただけでも「涼しそう」ですよね。
若さの提案は素晴らしくなるべく取り入れようと、肝に命じています。

  なるべく一日中稼動し続ける機械は、密集地帯より離すような提案もありました。いかにエアコンを極限まで使わずにいくかの戦いなのです。

  現在最終的に落ち着いているセット状況は現場の小電気炉2台、エアコン1台、研磨課エアコン1台、大型研磨1台、中型研磨1台、2階試作課+商品管理課のエアコン1台。これでいっぱいいっぱいですね。
[PR]

by banelist | 2012-07-10 08:29 | 節電

えんがちょ、切った!「悪縁を絶った」

d0214535_16262497.jpg  節電の波はあらゆるところにまで及んでいます。何十年間も試作課が二つに分かれていたのを合併するにまで至りました。これは富士発条代々不思議の一つで、ほぼ同じ道具を使うのに何故部署が分かれたのか?作業内容は押しバネ引きバネと捻じりバネとには解れていましたが・・・
  それが今回の節電騒ぎで、結界が無くなったというか地獄門が開いたというか、誠持って凄いことなのです。上の画像はもと捻じりバネ試作課で、機械課の電気炉地獄の2階に位置します。見た感じは環境は良さそうですが、1階の電気炉の熱気をもろに受けるのです。
  ということで、比較的高齢者が多いここには高級エアコンがあるわけなんです。
d0214535_16264792.jpg  下の画像、ここは1階最奥部にある年齢的に姨捨と言いそうになりますが、いやいや神聖なる富士発条仙人衆の祠なのです。数々の伝説の仙人を生み出した次元が違う場所でもあります。ここにある全てのものに技の息吹が込められています。先人の魂がまだまだ生きづいている、そんなこの部署が移動するなんて有り得ないのです。

  ということでここにも高級エアコンがあるのは当たり前です。しかし西日をもろに受けるこの部屋はどうしてもこうしても移動の対象になりました。もうお祓いをしないといけないくらいですね。あとは奇麗に片付けて合掌です。

  画像は昔話というか逸話を語る、現仙人の一人と一番弟子。形あるものいつかは滅びるといいますが、富士発条バネ作り精神は永久に残ることでしょう。またこの場所が活気あふれることを夢見て・・・・・
[PR]

by banelist | 2012-07-09 16:28 | 節電

節電の本意

d0214535_14413359.jpg  いよいよ盛夏に入って行く前に、常に回りっぱなしのモーターがついている研磨機やエアコンなどの、消費電力の再チェックに保安協会さんから来ていただきました。モーターなどは負荷によって消費電力も変わるので、結構把握しにくいものです。

  当社のデマンドにおいては守口管内でトップを争う、優良企業らしいのでこの夏もバッチリ他社様の模範になるよう努力は惜しみません。

  この優れモノの機械はリアルタイムで測定できるパワーメーターです。僕らにとっては使い方がとても難しそうでチンプンカンプンです。この研磨機はカタログ値では使用電力は3.7kwになっていますが、3.7kwモーターが2つとワークテーブル用のモーターが計3つ稼動して、パワーメーターの値は3.9kwになっています。素人では10kw近く出るのかと思いましたが、さほどではなさそうです。
d0214535_14421112.jpg  このように古い機械などや、エアコンの送風時と冷房時の違いな沢山データ化していただきました。
これでだいたいどれを使えば、これを切ればこうなるというのが、だんだん見えてきました。

  さて今夏はデマンド目標57kw、限界62kwとかなり富士発条に対して攻撃的な設定値で迫られています。

  これは世間一般の節電やら原発がどうのこうのの問題ではありません。管内の他社様の模範となるべくの試練なのです。

  ただし他でも申し上げていますが、夏が過ぎればただの笑い話で終わるのです。この3ヶ月間をどう笑い話にするかが節電の本意ではなかろうかと肝に命じました。
[PR]

by banelist | 2012-07-06 14:42 | 節電

ささやかな未来

d0214535_1781430.jpgd0214535_1784229.jpg
  いよいよホームページのトップでも宣言している省エネモーターの交換が始まりました。早く作業せねば夏の節電終わっちゃうよ!・・・というわけです。(^_^;)

右上画像、旧モーターと取り付け寸法は同じなので、サントカーを使ってすんなり作業は終わりと思いきや、プーリーのキーの厚みが少し変更が必要でした。
  左上画像では5台のモーターが出番を待っていますが、今回の節電モーターは4台です。1台は普通のもので前回別の研磨機を交換した時、下を入れ替えたので今回は上を交換です。
  ecoモーターでなくとも、40年位前のものと比べるとぜんぜんスムーズさが違います。何はともあれ静かなのです!これだけでも精神的に価値大ですね。よく今まで永きにわたり故障せず回ったものだと、昔のMade in japan製の凄さが改めて身にしみました。

で、話題をecoモーターに戻してステンレス製、太物バネの端面処理工程は一日中、何日間も研磨機が連続稼働します。しかも砥石用に3.7kwモーターが4台!そのため真っ先に交換の必要があったのです。
d0214535_1785669.jpg  ちなみに砥石用に4台ですが、ワークテーブル用に1台、集塵機に1台、計6台回りっぱなしというわけで、デマンドを何日間にもわたって攻撃してくるわけです。これがなければ涼しいエアコンが一台動くのに・・・まぁ会社なのでお金儲けが一番ですけどね。(^_^;)

左画像は4台のモーターが取り付け完了したところです。機械があまりに古いので奇麗な色のところがモーターです。真上向きと真下向きにそれぞれ2台ついています。こう見ると研磨屑を吸い出すパイプなどの配置が何かSF的イメージもあるなと、今気づきました。

左側が粗削り部分で、右が仕上げ削りです。しかしステンレス太物ではこれを数回通すわけなので、その間に砥石のドレッシングも有りでスゴイ手間なんですよ。バネの単価に本当に影響してしまうんです。ごめんなさい。m(__)m
[PR]

by banelist | 2012-06-29 17:09 | 節電